QOLが大切

ターミナルケアにおいて、「QOL」という言葉を用いることがあります。

このQOLが大切だと考えられていることが多いのです。

これはクオリティ・オブ・ライフの略称で、人生の内容や質という意味合いがあります。→クオリティ・オブ・ライフについて

要は、自分らしい生活を送り幸福を少しでも見出せるかという事を言うのです。

これは、レジャーや居住空間やレクリエーションなどといった観点からも計られるのです。

医療現場においてもQOLは歴史と共に発展しています。

「医学=病気を見るもの」だという考えぱかりではなく、患者自身が自ら望む生き方や社会的に人間らしい生活というものを医療においても考えるようになったのです。

また、これが患者自身の尊厳というものにも繋がります。

これを援助して行くというスタンスがターミナルケアなのです。

インフォームド・コンセントなどが普及しつつあり、より一層こうしたものを重要視されるといった傾向も今では強まっています。

しかしながら、患者もしくはその家族という立場からそのような提案をされるという事が少ないようです。

それが本来は望ましいといわれていますし、医療機関などとの価値観の差異なども生じるという点で、具体的に言及されることもまた少ないようです。

こうした部分をどのように改善していくかというのも、今後のターミナルケアにおける課題ともいえるでしょう。

自分自身の人生を・大切な家族の人生を医療機関においてどのように彩っていくかということもまた大切なのです。→QOL(生活の質) – 介護応援ネット