看取りケアについて

もし、ご家族が終末期を迎えた時、少しでも痛みを軽減させてあげたいなどと考える方も多いのではないでしょうか。

ターミナルケアにおいては、このようなことを基本に考えています。

ホスピスなどの施設に入るということももちろんですが、場合によっては「在宅生活で」と希望されることもあるでしょう。

特に、患者本人がそのようなスタンスを希望されることも多いようです。

では、在宅での終末期医療は可能なのでしょうか。

全ての地域において対応をしているというわけではないのですが、大半においては可能となっています。

訪問医療や訪問看護によって在宅で過ごしていただくことも出来るのです。

こうした方法を「看取りケア」などと読んでいます。→看取り介護について

24時間体制で連絡が取れるということも重要になってきますし、病状の変化などに伴う緊急対応などについてもしっかりと確認を行って看取りケアを行うことが大切です。

看取りケアを選択されるという場合、医師から説明があると思いますのでよく聞くようにしましょう。

実際に看取りケアをして行く中で、ご家族の方の心的負担などについても合わせてケアや相談に乗ってくれるという機関やシステムというものもあるかと思いますので、そうしたものも有効的に活用していくと良いでしょう。

余生を思い出のある自宅で・1番落ち着くことが出来る場所でと望まれる方・そのような環境でと考える方も少なくありません。

こうした看取りケアを選択するという方法もありますので、実際の場面においての選択肢の1つとして認識しておくのも良いでしょう。