ホスピス施設について

皆さんは「ホスピス」という施設をご存知でしょうか。

これは、ターミナルケアを行う施設の1つです。

※日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団

健康保険などで利用できるものが大半ですので、高額と言うイメージがある方も多いでしょうがそうではないのです。

ターミナルケアを専門に行う医療施設で、延命治療や手術などは行いません。

残された余生をどのように快適に過ごしていくのかを考えられた施設となっています。

痛みを軽減させたり緩和させるという医療行為が主となっていきます。

そうした身体的な負担はもちろんですが、精神的な緩和についてもフォローされることが多いでしょう。

カウンセラーなどとのやり取りを設けているホスピスもまた多いのです。

そればかりではなく、ホスピスによってはレクリエーション活動を頻繁に行っていたり、楽しさというものを感じてもらう努力というものを行っている場合も。

人生を完成させる最期の時間をいかに快適に過ごすかということを中心に考えられている施設なのです。

ホスピスに入る条件としては、先ずは「治療不可能」だと判断された場合。

更には、患者本人がこのような場所で余生を過ごす事を希望されている場合です。

患者本人がこのような判断が出来ない場合、ご家族の方が希望されるという場合でも構いません。

苦痛を少しでの取り除き、笑う時間が少しでも増えれば・・・そのような願いからホスピスを利用されるというケースが大半のようです。

24時間体制でスタッフやシステムなども整っていますので、安心して過ごしていただくことが出来るでしょう。